スポンサード リンク

フコイダンの効果|果たしてフコイダンはがん治療の代替医療になるのだろうか?

フコイダンという物質が、癌治療に革命的な結果をもたらすものとして、日本はもちろんのこと世界的に注目を集めている成分がフコイダンです。

日本の医療界でも大いに注目を集め、また多くの学者や研究結果からでも目覚しい臨床結果をもたらしているフコイダンの効果は実際はどうなのでしょうか?

健康ブームでもある21世紀において、健康補助食品分野すなわちサプリメント業界において、ヒーロー的な立場にあるフコイダンの効果と謎に迫ってみたいと思います。

フコイダンとはどのようなもので、フコイダンにはどのような効果があると言われているのでしょうか?フコイダンによって日本のがん死亡者数にストップをかけることができるのでしょうか?

驚異のフコイダンの謎とパワーに迫りたいと思います。



超低分子フコイダン|低分子フコイダン

超低分子フコイダン|低分子フコイダン

超低分子フコイダン低分子フコイダンフコイダンにおける超低分子化・低分子化とはどのようなものなのでしょうか?また、フコイダンを低分子化させる理由とはどのようなものなのでしょうか?

フコイダンとは、モズクや昆布などのヌメヌメ成分に含まれる水溶性食物繊維の一種です。この海藻のヌメヌメ成分の中に含まれるフコイダンは、海藻類の中でもとくにモズクに多く含まれています。
しかし、モズクなどをそのまま食べたとしてもフコイダンはほとんど吸収されません。なぜかと言うと、フコイダンの分子が大きいために腸からの吸収がされにくく、海藻類を分解する酵素を持ち合わせていないために消化がされず、ほとんどが体外へ排出されてしまいます。そのため、吸収しやすくするためにフコイダンを低分子化。つまり特殊技術をつかい超低分子フコイダン低分子フコイダンにする必要性が生まれてくる訳です。

超低分子フコイダン低分子フコイダンと、低分子化がすればフコイダンの成分すべてが吸収されるわけではなく、吸収されやすい分子量になるよう特殊技術を用いるそうです。また、高分子フコイダンに関しては、結果や効果があるものもあることから、フコイダンの吸収率がポイントになるのでしょう。今後の研究により、より吸収率の良いフコイダンに期待が高まります。

フコイダン 効果 フコイダン がん

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。