スポンサード リンク

フコイダンの効果|果たしてフコイダンはがん治療の代替医療になるのだろうか?

フコイダンという物質が、癌治療に革命的な結果をもたらすものとして、日本はもちろんのこと世界的に注目を集めている成分がフコイダンです。

日本の医療界でも大いに注目を集め、また多くの学者や研究結果からでも目覚しい臨床結果をもたらしているフコイダンの効果は実際はどうなのでしょうか?

健康ブームでもある21世紀において、健康補助食品分野すなわちサプリメント業界において、ヒーロー的な立場にあるフコイダンの効果と謎に迫ってみたいと思います。

フコイダンとはどのようなもので、フコイダンにはどのような効果があると言われているのでしょうか?フコイダンによって日本のがん死亡者数にストップをかけることができるのでしょうか?

驚異のフコイダンの謎とパワーに迫りたいと思います。



海藻フコイダン|海藻フコイダンとは

海藻フコイダン|海藻フコイダンとは

海藻に含まれるフコイダンを紹介しています。
モズクや昆布などの海藻類に含まれるフコイダンが健康食品としてだけではなく、医師や医療機関でも注目されています。海藻フコイダンには、抗がん作用を始め、糖尿病・高血圧・高脂血症・動脈硬化などの生活習慣病などの病気や症状に対して効能が確認されているほか、アレルギー性疾患、頭皮や皮膚などにもはっきりとした効果をもつことが明らかにされてなど、フコイダンの効果は、健康食品以上とも言えるのではないでしょうか。

中でも海藻フコイダンで注目されているのは、やはり抗がん作用でしょう。海藻フコイダンのアポートシスという作用(がん細胞を自殺に導く)が、がん治療の代替療法としても成果が出ているようです。

海藻フコイダンについて書いてある山口信夫先生の「海藻フコイダンの科学」が、成山堂書店から3000円で出版されています。内容は、海藻フコイダンの成分や作用、フコイダン効果などについて、実験データや表などで表記されており、フコイダンを詳しく調べている内容だと思います。

海藻フコイダンの産地では、沖縄フコイダンやトンガ産フコイダンが有名で、実際に使用されているフコイダンも沖縄やトンガ産のフコイダンが多いようです。いろいろな症状に効果が確認されているフコイダンですが、医薬品として登録されているわけではないので、フコイダンをがん治療として扱う医師や病院は、まだまだ少ないのが現状ですが、癌治療の救世主としてもこれからも海藻フコイダンに期待したいものです。

フコイダン 効果 フコイダン がん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。